お知らせ

【海外事例】建築で表すゴッホへの敬意

マリオネットによる活用事例がオランダより届きました。マリオネットを使って、絵画を舗装に展開できるようになります。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは1853年3月30日生まれで、存命であれば今年で167歳となります。オランダの建築設計事務所[delacourt][vanbeek]は最近、オランダのズンデルトの中庭にゴッホの「灰色のフェルト帽子をかぶった自画像」を再現しました。レンガのモザイクは現在、ゴッホ生家の外にあります。

マリオネットによる芸術デザイン

ゴッホの独特な強筆のスタイルで描かれた何百点もの絵画の中でも、彼の人生の様々な時期の40点以上の自画像で知られています。耳を失った後の自画像を思い浮かべれば、ゴッホの肖像画が持つ親密さに気づくことでしょう。

[Delacourt][vanbeek]は「レンガ細工をほかの風景に溶け込ませたいと考えていたので、ヘリンボーンパターンに決めました。石は互いに直角に敷き詰められているので、複雑な肖像画を再現するには難問でした」と共同設立者のTon van Beek氏は言います。「このようなイメージをヘリンボーンパターンに変換するにはどうすればいいのでしょうか?」

「まさにマリオネットの出番です」と彼は言います。「マリオネットにより、様々なパラメータを入力することができます。その結果、これらのパラメータを新しいデータに変換するビジュアルスクリプトができあがります。」彼らは、ゴッホのイメージを再現するためのスクリプトを自分たちのパラメータでカスタマイズし、ソフトウェアによって画家の正確な再現が作成されました。

芸術家との出会い

[Delacourt][vanbeek]は、建築とエクステリア空間を専門とするオランダの建築事務所です。彼らの仕事の多くは、自然環境と建築環境のある種の融合に関係していて、共同設立者であるトン・ファン・ビークは、会社の設計業務にランドスケープ・アーキテクチャーを取り入れることを専門としています

Van Beekは共同設立者のPieter Delacourtと協力して、ランドスケープアーキテクチャー、都市建築、建設施工の分野で洗練されたオフィスを構成しています。彼らは、コンセプト設計から連携されたBIM、建設プロセスに至るまで、設計プロセス全体に対する強い理解を誇っています。

今回のプロジェクトでは、マリオネットスクリプトから出力されたデータのおかげで、施工が簡単になりました。建設チームは、レンガのパターンが印刷されたシートを中庭に敷き、4つのレンガパレットのうちの1つに対応するようにタイルに番号を付けました。このようにして、工事チームはゴッホの自画像をシームレスに再現することができました。

Van Beek氏は「Vectorworksの素晴らしいところは、マリオネットがVectorworksツールの全範囲を補完してくれることです」と言います。「Vectorworksは、ノードを互いに接続可能なシンプルなブロックとして非常に視覚的に提示するため、操作を実行するために別のプログラムを必要としません。このように、スクリプトやプログラミングの幅広い知識を必要とせずに、独自のスクリプトを作成することができます。」

[delacourt][vanbeek]についての詳しいビデオはこちら(英語)

元記事:Planet Vectorworks

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください