Cloud Services解説講座

第4回「NomadでARビュー」

Cloud Service

Vectorworks Cloud Servicesには、クラウド上のファイルを閲覧するモバイルアプリ「Vectorworks Nomad」があります。Nomadでは、3Dモデルを実空間と重ねて見る「ARビュー」を行うことができます。

ここでは、開発元Vectorworks社が提供しているサンプルファイルを元に説明します。今回利用するVectorworks Nomadは、App StoreならびにGoogle Playからダウンロード可能です。


1. Nomadをタップし、ログインします。

 

2. 共有からVectorworks サンプルをタップし、リストの中のAugmented Realityをタップします。

3. 「Meeting Table.vgx」をタップして、表示されるダイアログでARビューアをタップします。

4. カメラが起動するので、モバイルを水平面(地面)に向け、3Dモデルを置きたい箇所でタップします。

5. テーブルセットが現れます。画面をピンチイン/ピンチアウトして、テーブルの表示バーセントを調整します。

6. Vectorworks Cloudにアップした3Dモデルを、実空間に表現することができます。

VGXファイルの作成方法は、Cloud Servicesヘルプページをご覧ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください