よくある質問解説講座:第4回「イメージエフェクトの使い方」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

2019のバージョンから、Vectorworks上で画像編集が行える「イメージエフェクト」の機能が搭載されました。

今回はイメージエフェクトの使用方法をご紹介します。

4-1. イメージエフェクトについて

従来ではビューポートや取り込んだイメージ画像の編集を行う際、レンダリングをかけなおしたり、一度外部の画像編集ソフトで編集して再取り込みを行なったりしていました。

Vectorworks2019から搭載された「イメージエフェクト」の機能を使うと、ビューポート、取り込んだイメージ画像、イメージテクスチャなどをVectorworks上で簡単に編集することができます。

4-2. イメージエフェクトの使用方法(イメージ画像・ビューポート)

1. 編集したいビューポートまたは取り込んだ画像を選択します。ビューポートはあらかじめOpenGLかRenderworksスタイルでレンダリングして「更新」しておきます。

2. オブジェクト情報パレットから「イメージエフェクトを適用」にチェックを入れ、「イメージエフェクト」を選択します。

3. イメージエフェクトダイアログが開かれます。スライダを動かして画像の調整ができます。

露出 イメージの光量を調整します。スライダを左側に動かすと暗くなり、右側に動かすと明るくなります。
コントラスト 明るい領域と暗い領域の相対的な差を調整します。右側に動かす(コントラストを引き上げる)と、明るい領域と暗い領域の差がより鮮明になり、左側に動かす(引き下げる)と、明るい領域は暗く、暗い領域は明るくなります。
ハイライト 明るい領域の明るさを調整します。
シャドウ 暗い領域の明るさを調整します。
彩度

イメージの色の強さを調整します。

色温度 イメージの赤/青のバランスを調整します。左側に動かすほど寒色で青が強くなり、右側に動かすほど暖色で赤が強くなります。
ぼかし/シャープネス イメージ内の輪郭を調整します。左側に動かすほどぼやけて見え、右側に動かすほどシャープになります。
セピア イメージにセピア調の効果を加えます。
ソフトエッジ 古い写真のように、イメージの外周にソフトエッジを追加します。

4. 「適用」をクリックすると、変更が反映されます。

5. オブジェクト情報パレットの「イメージエフェクトを適用」からエフェクトのオンとオフを切り替えられます。

4-3. イメージエフェクトの使用方法(イメージテクスチャ)

テクスチャに利用しているイメージ画像に対しても、イメージエフェクトで編集が行えます。

1. リソースマネージャパレットからテクスチャの上で右クリックし、「編集」を選択します。

2. テクスチャの編集ダイアログが表示されます。「色属性:イメージ」の「設定」ボタンから、このテクスチャで使用しているイメージの編集が行えます。

3. イメージの色属性を編集ダイアログから「イメージエフェクト」を選択すると、画像の編集が行えます。

4. 元のテクスチャを複製してから編集することで、1つのイメージから数パターンのテクスチャを作成することができます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください