Landmark解説講座:第15回「植物〜オリジナルの植栽」

LandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

植物の配置は、搭載されているデータ付き植栽から選択するか、オリジナルで植栽を作成して行います。
今回は、オリジナルで植栽を作成する方法をご紹介します。

1. 植物の2Dデータと3Dデータを用意します。ここでは、2Dデータはあらかじめ搭載されているものを使用し、3Dデータのみ画像から添景データを作成します。

2. モデル添景を作成を選択し、画像データを選択します。添景イメージの設定ダイアログで、植物のサイズを入力して、「十文字に配置」とマスクの設定「マスクあり」にチェックを入れて「マスクを作成」をクリックします。

3. 選択 添景マスクイメージダイアログで、「他のリソースからイメージを再利用:添景イメージの色属性」を選択しOKをクリックします。

4. マスクを作成ダイアログで、「」を選択してOKをクリックし、カラーマスクの生成ダイアログで透過指定色を確認してOKをクリックします。

5. 画面中央に作成されている添景データを選択し、ランドスケープ選択オブジェクトから植栽データを作成をクリックします。

6. 「植栽スタイル名」に名称(樹種名)を入力し、「2D/平面 表示:シンボルからコピー」をクリックします。

7. シンボル選択の項目をクリックし、Vectorworksライブラリオブジェクトスタイル植栽点景点景 カラーから任意の図形をダブルクリックして、OKをクリックします。

8. 一覧表をクリックし、「学名」「樹種名」「ID」など必要なデータを入力します。またデータベースに登録されている情報は、「植栽データを取得」から得ることもできます。

9. 配置オプションをクリックし、「枝張り」「樹高」「配置間隔」(複数本まとめて配置する際の間隔)を入力します。

10.植栽データベースをクリックし、必要な情報があれば入力します。

11.植栽スタイルダイアログのOKをクリックすると、植栽データソースを選択ダイアログが表示されます。入力したデータを「植栽カタログ」または「Vectorworks植栽データベース」に保存することができます。(植栽カタログを推奨します)

12. データを追加するか確認するダイアログが表示されますので、「はい」をクリックしカタログの名前を入力してOKをクリックします。

13. リソースマネージャパレットに作成したオリジナルの植栽が保存されます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください