【海外事例】Vectorworksで礼拝者を照らす

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

20歳のオハイオ州在住のJacob VanVlymen氏は、ラスベガス地区で最大のメガチャーチでプロダクションデザインチームに所属しました。毎週日曜日の朝、ラスベガスという地域を考慮しても期待通りのクオリティの空間が創出されたセントラル教会の礼拝に、数千もの人が出席します。

これらの華々しい内容の素晴らしいところは、音楽、説法、照明などの組み合わせです。これは、VanVlymen氏のプロダクションデザインに対する、信念と情熱の交差点です。

セントラル教会を信仰しているバンド「セントラルライブ」の
ネバタ州ラスベガス パークシアターでの演奏

高校三年生の時、 VanVlymen氏はVectorworksと出会いました。彼は空いた時間を見つけ学生版をダウンロードして、操作のコツの学習に時間を費やしました。YouTubeのチュートリアルの視聴やVectorworksフォーラムの活用、Vectorworksサポートチームの電話サポートなど、Jacob氏は様々なサポートを活用しました。

自発的で有名であるが、家族の中で照明デザインを追い求めるのはJacob氏が初めてではありませんでした。彼は「家族の中でデザインが駆け巡っている」と明かし、ABCスタジオやメトロポリタンオペラのような有名なデザインのポートフォリオを持つ祖父に刺激を受けました。家族のデザインに精通した才能を活かし、VanVlymen氏は舞台製作の世界に没頭しました。

シンシナティ大学音楽音楽院で照明デザインを学ぶことで、Vectorworksの知識がさらに増え、ソフトウェアが身についていることがわかりました。Vectorworksを研究し、彼は教育を通して情熱を追求した後、ネバ他州ヘンダーソンにあるセントラルクリスチャン教会で舞台デザインのインターンシップに入りました。今日Jacob氏は、照明デザイナーのJack Dorward氏と残りのセントラルプロダクションチームと一緒に、毎週日曜日に教会の照明デザインをしています。出席者数は、20,000〜25,000人です。

セントラルライブパフォーマンスで、舞台裏にいるJacob VanVlymen氏

大規模な集会への参加者とラスベガス近隣住民は、礼拝での体験的側面に重きをおくように、プロダクションデザインチームを導きました。
魅力的でエキサイティングな照明デザインは、セントラル教会がおこなう会の一つにすぎず、最終的には参拝者が前夜にラスベガスで参加したショーに並ぶ経験をもたらしました。

VanVlymen氏のVectorworksの知識により、舞台製作チームは、セントラルの大規模なイベントを精確かつ的確に計画することができます。「私はデザインができ、ともに物作りができ、空間やリギングすべき場所を理解できます」と彼は言いました。「私はVectorworksで設計しているので、すべてが私の頭の中に浮かんできます」

VanVlymen氏が、パークシアターのセントラルライブのステージを表現

VanVlymen氏の信念、デザインへの情熱、そして粘り強さは、彼のキャリアをスタートさせるための重要な要素となりました。 業界への道を進もうとする人たちに向けて、VanVlymen氏はこのようにアドバイスします。「ただ突き進んでください。私は次は何なのかを知らなかったので、私は進むための扉を見つけようとし続けました」

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください