Landmark解説講座

第4回「shapeファイルの文字対応」

ArchitectLandmarkDesigner

第1回「地形モデルの作成」1-3.地図情報データを利用 でご紹介している、取り込んだshapeファイルが文字化けをしてしまう件に関して、対応方法が確認できました。

Shapeファイルを取り込んだ際に、Vectoworks上でレコードフィールド値が文字化けしてしまうのを防ぐため、以下の操作をしてください。

例)
「sample-shape.shp」を取り込む場合

1. テキストエディタやメモ帳などで新規ファイルを作成して、1行目に以下の文字列を入力します。
・Macの場合
shift_jis
・Windowsの場合
932

3. テキストファイルを「Shapeファイル名.cpg」として保存します。
例の場合「sample-shape.cpg」

4. cpgファイルをShapeファイルと同じ階層に入れます。

5. VectorworksでShapeファイル取り込みを実行します。

6. 文字化けせずに表示されます。

この機能を利用できる製品

Architect

Vectorworks Architect

建築設計や内装、ディスプレイデザインに対応した先進的なBIM・インテリア設計支援機能、拡張機能、さらには豊富な建築向けのデータライブラリを搭載した建築/内装業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Landmark

Vectorworks Landmark

地形モデルや多彩な植栽、灌水設備計画等に対応するランドスケープデザイン機能、さらには豊富な造園向けのデータライブラリを搭載した都市計画/造園業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Designer

Vectorworks Designer

専門分野別(建築設計/ディスプレイデザイン、ランドスケープデザイン、ステージデザイン&スポットライトプランニング)の設計支援機能、拡張機能、さらには豊富なデータライブラリを搭載した最上位の製品
詳細情報 購入ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください