Spotlight解説講座

第3回「階段の作成」

SpotlightDesigner

この記事は【2018年6月28日】に公開されたもので、2年以上経過しています。
記事の内容が古くなっていたり、新機能の追加・機能の改善が図られていることがあります。

ステージステップツールは、ステージの高さや規模に合わせて階段を作成できます。


1.ステージステップツールの設定ダイアログで、5種類の中から構造を選択します。「自動調整式」以外を選択した場合は、作成基準「ステージ高さと段数」または「段数と蹴上げの高さ」を設定します。

2.「ステージ高さ」「ステップユニットの幅」を設定します。階段の構造により「側板の長さ」「側板の厚み」「側板のタイプ」などが設定できます。2D/平面で矢印の上り、下り表記をつけることもできます。

  

 

3.ステップ詳細では、「段数」「ステップの厚み」「シングルステップの奥行き」を設定します。構造の種類により設定できる項目が異なります。

4.脚部/構造詳細では、脚の形状を3種類から選択します。

5.手摺詳細では、「左側の手摺を表示」「右側の手摺を表示」にチェックを入れると「手すりの高さ」「追加の横桟」「追加の縦桟」「手すりの形状」が設定できます。手すりの形状は3種類から選択できます。

この機能を利用できる製品

Spotlight

Vectorworks Spotlight

ステージプランニングやライティング計画に対応した先進的な舞台照明計画支援機能、さらには各種メーカー製のトラスや照明機材、音響機器等の豊富なデータライブラリを搭載したエンタテインメント業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Designer

Vectorworks Designer

専門分野別(建築設計/ディスプレイデザイン、ランドスケープデザイン、ステージデザイン&スポットライトプランニング)の設計支援機能、拡張機能、さらには豊富なデータライブラリを搭載した最上位の製品
詳細情報 購入ページ