Landmark解説講座:第7回「造成面の作成〜切土盛土の計算」

ArchitectLandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

地形モデルに造成面を作成した場合の、切土盛土の土量計算ができます。また、法面から土量効率の良い造成面を作成する方法があります。

1. 地形モデルを選択し、データパレットの切土・盛土計算を更新ボタンをクリックします。

2. 切土と盛土の実容積でプラスマイナスがわかります。(画像は、土量が足りない)一旦、造成面図形を削除して、切土と盛土の実容積が0に近い数値の造成範囲を作成します。

Landmarkのみの機能
1. 法面図形を選択し、土木造園法面から造成面を作成をクリックします。側面ごとに勾配を設定できます。OKすると造成面が作成されます。

2. 地形モデルを選択してデータパレットの更新ボタンをクリックし、さらに切土・盛土計算を更新ボタンをクリックします。切土と盛土の実容積が0に近い数値であることが確認できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください