Landmark解説講座:第3回「地形モデルの作成〜地図情報データを利用」

ArchitectLandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

地形モデルは、点や線から作成できます。
基準点や3D多角形で描いていく方法と、測量データや地図情報データを取り込む方法があります。

今回は、地図情報データを利用して作成する方法をご紹介します。

1. 国土地理院の基盤地図情報ダウンロードサイトを開き、基本項目の「ファイル選択へ」をクリックします。

2. 地図情報が欲しい場所を指定して、ダウンロードします。
(ダウンロードにはログイン登録が必要です)

3. 基盤地図情報ダウンロードサイトから「表示ソフトウェア」をクリックし、基盤地図情報ビューアをダウンロードします。(ビューアの利用はWindowsのみ)

4. 基盤地図情報ビューアを開き、ファイル新規プロジェクト作成から、ダウンロードしたデータを「追加」で取り込み、エクスポートエクスポートから「変換種別:シェープファイル」にして取り出します。

5. Vectorworksで、ファイル取り込むShapeファイル取り込みで、「等高線」データを選択します。

6. ツールレコードレコードから変更を選択して、「レコードフィールド:?W??」(標高)「変更:多角形/曲線に高さ(位置)を与える」「乗数:1000」(ファイルの単位がmmの場合に入力が必要。mの場合は1のまま)と設定をしてOKします。高さを持った3D多角形に変換されます。

※Shapeファイルの文字コードがSHIFT-JISのため、レコードフィールド値が文字化けしています(Vectorworksは国際基準のUTF-8対応)が、「?W??」項目は標高を表しています。
※文字化けの修正はこちら

7. 土木造園地形モデルを作成/編集をクリックし、2D表示3D表示「スタイル:」などを設定してOKします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください