Architect解説講座

第12回「スペースの作成と集計」

ArchitectDesigner

この記事は【2014年5月28日】に公開されたもので、2年以上経過しています。
記事の内容が古くなっていたり、新機能の追加・機能の改善が図られていることがあります。

 

12.4.2 壁選択モード

単純な部屋ではなく、区画のように複数の部屋にまたがってスペースを作成したい場合に使います。

1. アクティブレイヤは「床-3」のまま作業します。

アクティブレイヤ

2. ツールセットパレットの建物ツールセットにあるスペースツールを選択します。

3. ツールバー壁選択モードを選択します。カーソルが手のアイコンに変わります。

4. スペースを囲む壁を1回ずつクリックし、赤くハイライト表示されるようにします。すでにハイライト表示された壁をもう一度クリックすると選択が解除されます。

壁の選択

5. 指定したい壁をすべてクリックしたら、ツールバーチェックボタンをクリックするか、キーボードのReturnキーを押します。指定した壁の領域でスペースが作成されます。

作成されたスペース

 

 

この機能を利用できる製品

Architect

Vectorworks Architect

建築設計や内装、ディスプレイデザインに対応した先進的なBIM・インテリア設計支援機能、拡張機能、さらには豊富な建築向けのデータライブラリを搭載した建築/内装業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Designer

Vectorworks Designer

専門分野別(建築設計/ディスプレイデザイン、ランドスケープデザイン、ステージデザイン&スポットライトプランニング)の設計支援機能、拡張機能、さらには豊富なデータライブラリを搭載した最上位の製品
詳細情報 購入ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください