Architect解説講座:第5回「壁とスラブの取り合い」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

これまで壁とスラブの作成方法を紹介してきました。
今回は壁とスラブの取り合いに関する設定方法をご紹介します。

ストーリに関わる部分はArchitectのみの機能となりますが、それ以外はLandmark、Spotlightでもご利用いただけます。

5.1 RC造の場合

RC造の壁とスラブの取り合いを設定します。それぞれのスタイルの設定を確認し、取り合いが再現されるように編集をします。

5.1.1 準備

1. こちらより今回使用する Vectorworks ファイルをダウンロードしてください。

2. ダウンロードしたファイルを解凍し、「RC造の取り合い.vwx」をVectorworks で開きます。

ファイルを開く

3. 開いたファイルにはすでにストーリを設定してあります。ストーリについてはこちら

4. アクティブレイヤは、シートレイヤ「断面確認」がアクティブになっています。

ナビゲーションパレット

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください