Open BIM:4. Rebro 2011 とのIFC連携

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

4-4. まとめ

Rebro 2011の設備モデリングは素晴らしく、そのクオリティをVectorworksで実現しようとすると、大変な労力を要します。設備に特化しただけあり、Rebro 2011が作り出すモデルや図面は、詳細で緻密です。

Vectorworksから出力されたIFCデータとの相性も良く、建具等の建築意匠データは欠落無く全て取込めました。

RebroからのIFCデータも、Vectorworksは問題無く取込め、双方向での活用が今後期待されます。

Vectorworksが得意とする、自由曲面等の3次元的形状は、今後の建築においてはより一層需要が増すと考えられます。

また設備は、設計容量等の機械的制限をクリアーしながら、建築の限られた”ある部分”に、しっかりと「収める」必要があり、意匠的に複雑な形状の建物では、それが容易でないことは明らかです。

IFCを用いた統合モデルによる干渉チェックや、目視での検討は、要求の厳しい建築においては不可欠になるでしょう。

レンダリング表現の一例

 

モデリング協力
株式会社 NYKシステムズ
NYKシステムズ

使用アプリケーション
Rebro 2011

Rebro 2011の詳しい内容は、株式会社 NYKシステムズへお問い合わせ下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください