Open BIM:4. Rebro 2011 とのIFC連携

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

今回は、Vectorworks ArchitectとRebro 2011とのIFC連携について説明します。

4-1. Vectorworks 建築意匠モデルの紹介

4-1-1.

Vectorworks Architectの建物ツールセットと、詳細ツールセットのオブジェクトのみで、建物をモデリングしました。

ツールセット「詳細」 ツールセット「詳細」

先の「2.IFCを書き出す」のように、カスタムオブジェクトが存在しませんので、IFCの書き出しは特に意識する必要はありません。

Vectorworksには、角形、H型鋼の柱や梁が用意されているので、それらを用いて構造部分を作成します。

壁や建具は、従来通りに作成していきます。(詳しくはBIM実践講座をご覧下さい。)

Vectorworksで作成した構造部

Vectorworksで作成した建築モデル

IFC書き出しの設定は、前章にて解説していますので、今回は割愛いたします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください