木造BIMツール 2019を来週提供開始します

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2019/02/4530/
Pinterest
RSS

お待たせしております木造BIMツール 2019ですが、来週提供できる準備が整いました。

木造BIMツール 2019では、軸組の各オブジェクトがスタイルに対応したため、樹種や等級などを設定し、リソースマネージャに保存して再利用することができます。

なお、梁・桁オブジェクトを水平梁に設定した場合、断面ビューポートで斜線が表示されるようになりますので、矩計図で書き込む手間が大きく削減されます。

また、敷地の三斜求積コマンドは、三斜面積や倍面積、敷地面積の小数点桁数、切り上げ・切り捨ての方法を選択できます。
敷地の形状によっては、うまく三斜を切れないケースがありますので、追って修正します。

今年はできるだけ多くアップデータを提供しようと思いますので、ご要望があればフォーラムに書き込んでください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください