開発記:三斜計算

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2015/08/3263/
Pinterest
RSS

しばらくぶりになってしまいましたが開発は継続しています。
今日は三斜計算の話です。

1年半くらい前にプロトタイプを作り、凸型多角形の三斜計算は問題なくできるようになったのですが、凹部分が入るとうまく切れなかったため、ハードディスクの奥深くで眠ったままになっていました。

昨日ふと思い立って一から考え方を変えてみたら、意外や意外すんなりとできてしまいました。99.5%の多角形形状に対応できているかと思います。
…アイデアを寝かせるって大事ですね…

↓これが….

元の多角形

↓こうなります…

三斜処理後

三角形分割をして、底辺と高さに寸法線を割り当てるところまでできました。
あとはワークシートに寸法線情報をまとめてあげれば求積表が完成です。

対応図形は「四角形・多角形」「スペース」「境界線」の予定です。
部屋の面積、敷地の面積を計算する際に使ってもらえるよう、細かいところを詰めていきます。

では、また後日。

木造BIMツール 2015対応版

β1.3.0 (1.3.0)
配布終了 0.00 KB 804 回

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください