開発記:梁・桁ツールの断面性能

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2015/07/3234/
Pinterest
RSS

偏心率計算、頑張ってます。
とりあえずα版までは来たところです。

今日は、梁・桁ツールの改良の話です。

横架材は曲げモーメントの検討をする必要がありますが、そのベースとして断面性能を計算しなければいけません。

梁・桁ツールは梁幅と梁成を設定できるので、データパレットで断面性能を自動計算するように改良している最中です。

梁・桁ツールのデータパレット

もちろん、これらの数値はレポート作成でワークシートに集計可能なので、作成部材の断面性能を一覧できるようになります。

レポート作成

ただ、現在のところ断面欠損は考慮していません。

次は柱の有効細長比でしょうか…

では、また後日。

木造BIMツール 2015対応版

β1.3.0 (1.3.0)
配布終了 0.00 KB 804 回

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください