Architect解説講座:第8回「ビューポートの設定」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2014/02/1847/
Pinterest
RSS

8.3.3 デザインレイヤビューポートの優先設定

レイヤの設定同じように、ビューポートにデザインレイヤビューポートが表示されている場合、どのクラス属性を優先的に表示するかを決めることができます。

 

1. まず、デザインレイヤビューポートの設定を確認してみます。ナビゲーションパレットでデザインレイヤ「家具レイアウト-1」をアクティブにします。

ナビゲーションパレット

2. テーブルセットが2つありますが、2つともデザインレイヤビューポートとして他のレイヤにあるオブジェクトをビューポートを使ってこのレイヤに表示させています。

デザインレイヤビューポートのレイヤ表示設定

3. まず、8.2.3 で設定したレイヤカラーを解除します。右側のテーブルセットを選択し、データパレットのレイヤボタンをクリックします。ビューポートレイヤを表示/非表示ダイアログが表示されます。

カラーレイヤの解除

4. デザインレイヤ「家具」のカラーレイヤ列をクリックし、OK ボタンをクリックします。

カラーレイヤの解除されたデザインレイヤビューポート

5. データパレットのクラスボタンをクリックします。ビューポートクラスを表示/非表示ダイアログが表示されます。クラス「家具」と「家具-テーブルセット」を表示する設定になっています。

ビューポートクラスを表示/非表示ダイアログ

6. クラス「家具-テーブルセット」を選択し、編集ボタンをクリックします。クラスの編集ダイアログが表示されます。

クラスの編集ダイアログ

7. グラフィック属性とテクスチャ設定を変更することができます。以下のように設定し、OK ボタンをクリックします。テーブルセットが白塗りつぶしに変更されます。

  • グラフィック属性
      • スタイル:カラー
      • 色:白

クラス属性の変更

 

クラス属性が変更されたデザインレイヤビューポート

8. シートレイヤ「Sht-1[平面図]」をアクティブにします。

ナビゲーションパレット

9. ビューポート「1F平面図」を選択し、データパレットのクラスボタンをクリックします。ビューポートクラスを表示/非表示ダイアログが表示されます。
クラス「家具-テーブルセット」を表示にします。

ビューポートクラスを表示/非表示ダイアログ

10. デザインレイヤビューポートの設定に以下を使用で、ビューポートクラスにチェックを入れます。

ビューポートクラスにチェック

11. プレビューボタンをクリックし、右側のテーブルセットの面の色が白に変更されるのが確認できます。

設定のプレビュー

12. 再度、ビューポートクラスのチェックを外し、クラス「家具-テーブルセット」を非表示にしたら、OK ボタンをクリックしてビューポートレイヤの表示/非表示ダイアログを閉じます。

設定を戻す

もとに戻ったビューポート

レイヤの優先設定では、対象のレイヤに含まれるすべての図形にカラーが反映されますが、クラスの優先設定では、デザインレイヤビューポートに含まれるクラスごとに属性を変更することができるため、きめ細かい表示カスタマイズが可能です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください