Architect解説講座:第7回「断面ビューポート」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2014/01/1643/
Pinterest
RSS

7.2.7 まとめ

デザインレイヤ上の断面ビューポートは、モデルを任意の位置で切断し、かつ3Dビューで表示したいときに有効です。デザインレイヤ断面ビューポートはフライオーバーツールで自由に視点を変えることもでき、レンダリング方法を選択することができます。

クライアントに説明するときなどに活用することができるでしょう。

 

前回と今回で紹介したビューポートならびに断面ビューポートの設定は、それほど細かく説明しませんでした。次回は、それぞれのビューポートの設定項目について詳しく解説します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください