Architect解説講座:第5回「壁とスラブの取り合い」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2013/11/1333/
Pinterest
RSS

5.1.3 スラブスタイルの確認

次にスラブスタイルを確認します。

1. リソースブラウザ内のスラブスタイル「床+スラブ+天井」の上で右クリックをします。コンテキストメニューが表示されます。

リソースブラウザで右クリック

2. 編集を選択します。スラブスタイルの設定ダイアログが表示されます。

スラブスタイルの設定ダイアログ

3. 各構成要素は以下の通り設定されています。

  • フローリング
    • 厚み:12mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-フローリング
  • 遮音シート
    • 厚み:4mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-遮音シート
  • ベースボード
    • 厚み:20mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-ベースボード
  • 防振アジャスター
    • 厚み:94mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-防振アジャスター
  • コンクリート増し打ち
    • 厚み:10mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-コンクリート増し打ち
  • コンクリート躯体
    • 基準面
    • 厚み:12mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-コンクリート躯体
  • 軽鉄下地
    • 厚み:90mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-軽鉄下地
  • 石膏ボード
    • 厚み:9.5mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-石膏ボード
  • クロス
    • 厚み:0.5mm
    • 辺オフセット:壁の内側
    • クラス:スラブ-クロス

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください