Architect解説講座:第4回「スラブツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2013/10/494/
Pinterest
RSS

4.3 スラブの編集

4.3.1 準備

1. これまでのセクションでファイルをダウンロードしていない場合は、こちらより圧縮された Vectorworks ファイルをダウンロードしてください。

2. ダウンロードしたファイルを解凍し、「スラブ_編集.vwx」を Vectorworks で開きます。

3. ナビゲーションパレットで、アクティブレイヤが「スラブ-2F」になっていることを確認します。

 

4.3.2 スラブの境界の指定

曲線モードでスラブを作成した場合は、スラブの境界が手動になるため、スラブの大きさは壁の移動に追従しません。スラブの境界から自動に切り替えてみましょう。

1. 壁に囲まれた既存のスラブを選択します。

スラブの選択

2. ナビゲーションパレットのデザインレイヤタブで、他のレイヤを「表示+スナップ+編集」にします。

ナビゲーションパレット

3. データパレット形状タブの境界で「境界対象を選択」を選びます。スラブツールに切り替わります。

データパレット

4. 作図モードが壁選択モード、もしくは境界の内側モードになっていることを確認し、スラブの境界を指定します。指定の仕方はスラブの作図と同じです。

壁の選択

5. スラブの境界が自動になると、壁の移動に追従して自動的に大きさが変更されます。

スラブの更新

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください