Architect解説講座:第4回「スラブツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2013/10/494/
Pinterest
RSS

スラブは主要構造部として建物にとって重要なものの一つです。Vectorworks Architect では、専用の「スラブ」ツールを使って作成します。
今回は、スラブツールを用いた設定・作成方法を解説します。

Fundamentals では「床」コマンドがありますが、スラブツールにはより多くの設定項目があるため柔軟なモデリングが可能となります。さらに、壁と同様に構成要素を設定し、スラブスタイルとして保存することもできます。

ストーリに関わる部分はArchitectのみの機能となりますが、それ以外はLandmark、Spotlightでもご利用いただけます。

4.1 単純スラブの作成と変更

まずは、スラブスタイルを使わずに単純スラブを作成してみましょう。

4.1.1 準備

1. こちらより今回使用する Vectorworks ファイルをダウンロードしてください。

2. ダウンロードしたファイルを解凍し、「スラブ_単純スラブ.vwx」をVectorworks で開きます。

ファイルを開く

3. 開いたファイルにはすでにストーリを設定してあります。ストーリについてはこちら

ストーリ

4. ナビゲーションパレットでアクティブレイヤを「2F-スラブ」に変更します。

ナビゲーションパレット

レイヤの変更

 

 

4.1.2 厚みの設定

まずは、スラブの厚みを設定します。

1. ツールセットパレットの建物グループに入っているスラブツールを選択します。

2. ツールバー設定ボタンをクリックします。スラブの設定ダイアログが表示されます。

スラブの設定ダイアログ

3. 情報タブの構成要素一覧に表示されている構成要素を選択し、編集ボタンをクリックします。スラブ 構成要素の属性ダイアログが表示されます。

スラブ 構成要素のダイアログ

4. このダイアログで編集中の構成要素の面や線の属性を設定することができます。ここでは、以下のように設定し、OK ボタンをクリックします。クラス属性は使いません。

  • 名前:「躯体」
  • クラス:「<図形のクラス>」
  • 厚み:「200」
  • 辺(境界)オフセット
    • 自動:「壁の内側」
    • 手動:「0」
  • テクスチャ:「テクスチャなし」
    • スタイル:「カラー」
    • 色:「白」
    • スタイル:「カラー」
    • 色:「黒」
    • 線種:「0.05」

躯体の設定

5. スラブの設定ダイアログに、設定したスラブのプレビューが表示されます。

構成要素

なお、スラブ 構成要素の属性ダイアログで面や線などの「クラス属性」にチェックを入れた場合、上記設定はできず、構成要素に割り当てたクラスの属性が適用されます。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.