Open BIM:12. SAVE-建築との連携

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2013/09/417/
Pinterest
RSS

12-2. SAVE-建築でのIFC取込みと、PAL計算

保存したIFCファイルをSAVE-建築で開きます。 [インポート]-[IFC]からIFCファイルをインポートします。

インポートメニュー

開く

PAL計算の解析モデルとして取り込まれました。
各階のスペースの名称:間取りが正しく連携されています。

スペース間取り

3D表示

IFCファイルのインポートでは、スペースの形状を認識して部屋を生成し、部屋を取り囲む壁、床、屋根を自動生成して、建物全体を形成します。
PAL 計算に必要のない、柱、梁などのオブジェクトは取り込みません。

ペリメーターゾーンは自動的に分割されます。

ペリメーターゾーン

ここから、PAL計算に必要な属性情報を追加していきます。

ストーリ名、ストーリの高さを引き継ぎ、階高はSAVE-建築側で自動的に算出されます。

最上階(ストーリ-8)の階高は、上階のフロアレベルがなく、算出できないので、デフォルト値の3500が入ります。
最上階の階高は塔屋の外壁高さにあたりますので、変更しておきます。

階高設定

空調をする部屋に空調属性を設定します。
薄緑色が空調室、水色が非空調室です。

空調属性設定

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください