Architect解説講座:第1回「ストーリ」

ArchitectDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2013/08/152/
Pinterest
RSS

1.2.6 ストーリレイヤの確認

これまで作成したストーリに含まれる各ストーリレイヤは、デザインレイヤとしてファイル内に作成されます。モデリングを進める際は、これらのレイヤを切り替えながら行うことになります。

1. ツールオーガナイザを選択すると、オーガナイザダイアログが表示されます。

オーガナイザダイアログ

2. レイヤタブをクリックすると、ファイルに登録されているレイヤの一覧が表示されます。

オーガナイザダイアログ

3. 任意のレイヤを選択し、編集ボタンをクリックするとデザインレイヤの編集ダイアログが表示され、レイヤ設定の詳細を確認することができます。

デザインレイヤの編集

4. 高さの項目は2種類の数値が表示されます。1つはストーリの高さに対する高さで、床面(FL)からの相対高さを表します。もう1つは基準平面に対する高さで地盤面(GL)からの絶対高さを表します。

5. ストーリ内における各ストーリレイヤの相対高さを変更したい場合は、このダイアログ内の高さを変更します。

“Architect解説講座:第1回「ストーリ」” への2件の返信

    1. hfukuyamaさん、

      現在は、音声なしのムービーを掲載しています。
      できるだけ、動きでご理解いただけるような内容にしていますが、
      ご要望が多ければ音声付きのムービーも検討したいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください