Open BIM:8. CADWe’ll TfasIV との連携

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2012/02/409/
Pinterest
RSS

8-3. Vectorworksで CADWe’ll TfasIV のIFCを取込む

8-3-1. 取り込み

IFCを取込みます。

IFCの取込み

CADWe’ll TfasIV の高さ情報を引き継ぎ、レイヤが自動作成されます。

オーガナイザで確認

 

Vectorworksの意匠ファイルに、設備IFCが取込まれました。

読込まれたIFC

 

 

8-3-2. Vectorworksでの表現

構造部と設備をレンダリングしました。

レンダリング表現1

表示を切り替えて、設備を確認します。

レンダリング表現2

断面表現も、パワフルにこなします。
CADWe’ll TfasIV で作成したスイッチ類と、Vectorworksの壁が精度良く納まっていることが確認できます。

断面表現1

断面表現にパースをつけました。

断面表現2

断面パースをRenderworksにてレンダリングしました。 Renderworks 2012では、「Renderworksスタイル」として、予めレンダリング設定 がなされており、シーンを選ぶだけで高品位なレンダリングが可能です。

レンダリング表現3

レンダリング表現4

また、Vectorworks ArchitectのIFC取り出しは、Vectorworksに取込んだIFCを再度 IFCとして精度良く取り出せます。

情報リッチなモデルを、次のアプリケーションへ渡すことも可能です。

SMVで確認

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください