Open BIM:8. CADWe’ll TfasIV との連携

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2012/02/409/
Pinterest
RSS

「壁スタイルの置き換え」で、内壁、外壁を一括で設定変更します。

壁スタイルの置き換え

 

柱を挿入していきます。
( 一番最初に柱を配置し、壁を作成、スペースを自動作成という方法もあります。 Vectorworksは、モデリングの方法が多様で柔軟です。)

柱の挿入

 

建具や階段を挿入します。 建具や階段等の建築要素は、3Dパラメトリックモデルとして用意されているので、モデリングするというより、配置していく感覚に近いです。

建具の挿入

スラブを作成します。
柱が貫通する部分等、BIMならではの考慮点があります。正確にモデリングすることを意識して下さい。

スラブ作成

ツールセットの「詳細」より軸組ツールを選択して単純梁を作成し、柱間を渡します。この際、壁の高さを調整して、梁とかぶらないように調整します。

モデリング過程1

ツールセットの「家具/建具」より「天井格子」を選択して天井を作成します。

モデリング過程2

2階に1階モデルを複製します。必要であれば修正を加えます。

モデリング過程3

3階を作成します。

モデリング過程4

屋上スラブと、棟屋、手摺を作成します。

モデリング過程5

カスタムモデルは一切存在しませんので、このままIFCとして出力します。
(通り芯は、IFCを出力するアプリケーションによっては、出力されない場合があります。)

連携アプリケーションへIFCを渡す際は、Solibri Model Viewer等の中立的なビューアー でモデル形状等を確認しましょう。

SMVでの確認

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください