【米国】-続報- PCI BIM委員会がプレキャスト業界におけるopenBIMのメリットを発表

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2011/12/442/
Pinterest
RSS

米国内にて、プレキャストコンクリートの次世代統合モデルを築く試みが始まりましたが、詳細なワークフローの発表がありました。

既報(【米国】PCI BIM委員会がプレキャスト業界におけるopenBIMのメリットを発表)の通り、Vectorworksを意匠BIMツールとしたワークフローになっています。

Vectorworks Architectで作成した意匠モデルを、IFC形式で取り出し、構造解析ツールNemetschek Sciaに渡します。VectorworksとSciaで構造の妥当性を繰り返し検証することが可能です。

構造自体が決定した後は、TeklaもしくはStructureWorksにIFCを渡し、詳細設計に進むことができます。

詳細なページはAECbytesにてご覧いただけます。
Google Translateのページはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください