科学的理由からのデザイン

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2011/09/359/
Pinterest
RSS

さんさんと降り注ぐ自然光は、とても気持ちがいいものです。

建築雑誌を手に取ると、自然光につつまれた気持ちの良さげなリビングルームや、大ホールの写真をよく目にします。

しかし、それ「ちょっと、待った!!」です。

太陽光を直接受ける窓面や床は、表面温度にして40〜50度にもなり、せっかくエアコンを入れているのに、効きが悪いなんてことにつながります。

また逆に、冬は日射を積極的に取り入れた方が、省エネにつながります。

そこで、室内環境予測シミュレーションが活躍します。

Plan-B チームでは、クアトロさんのソフトでファサード(特に開口部)の検討を行い、デザイン決めを行ないます。

ボリュームを取込みます。

ボリュームの取り込み

結果を確認して、最適なファサード案を絞り込みます。

結果の確認 結果の確認 結果の確認