SimTreadで何度も計算中

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2011/09/351/
Pinterest
RSS

シミュレーションは、一回程度計算しただけでは、あまり意味がありません。

あらゆる可能性を考え、出来る限り計算をし、最適解を導き出すのがシミュレーションの役目です。

SimTreadの計算の理屈は結構簡単なのですが、出力されると思わぬ場所で、人だまりや、ボトルネックを発見します。

ビム・アーキテクツさんで作成したプランをもとに、現在解析中です。

SimTreadで解析中