BIM実践講座:準備編「BIMとVectorworks」

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2011/06/484/
Pinterest
RSS

2. インターフェース

Vectorworksは直感的に作図が出来る非常に使い易いCADです。マニュアルを読まなくてもアイコンを見るだけで直感的に基本的な操作をすることができます。さらに、カスタマイズの自由度が極めて高く、ほとんどのツールの並び替えやショートカットの変更が可能となっています。

その自由度の高さとツール類の豊富さゆえに、実はあまり知られていない機能が結構あるのが現状です。本講座ではVectorworks Architect with Renderworks 2011を使用し、BIMの視点で作図・モデリングをおこなうことを通して、Vectorworksの様々なツール類について紹介していきます。

Vectorworksのインターフェース

  • メニューバー
  • ツールバー
  • 表示バー
  • ツールセットパレット
  • スナップパレット
  • データパレット
  • ナビゲーションパレット
  • リソースブラウザ
  • その他

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください