Architect解説講座:第15回「断面ビューポートの応用」

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/BIMlog/architect%e8%a7%a3%e8%aa%ac%e8%ac%9b%e5%ba%a7/%e7%ac%ac15%e5%9b%9e%e3%80%8c%e6%96%ad%e9%9d%a2%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e5%bf%9c%e7%94%a8%e3%80%8d/
Pinterest
RSS

15-1. タイルをつくる

Vectorworks のリソースにはハッチングやシンボルなどがありますが、2011 からタイルという属性が追加されました。これを使うと部材の断面に斜線を入れることが可能になります。まずはタイルを作成してみます。

1. リソースブラウザの空欄のところでダブルクリックをします。リソースの作成ダイアログが表示されます。

リソースの作成

2. タイルを選択し、作成をクリックします。新規タイルダイアログが表示されます。

新規タイル

3. パラメータを以下のように設定します。

  • 名前:断面斜線
  • 単位:縮尺追従
  • 回転:
    • 壁に沿って:有効
      • 壁に合わせる:有効
    • シンボルに沿って:有効
  • 背景色:白

パラメータの設定

4. OK をクリックするとタイル形状の編集画面に入ります。

タイルの作成画面

5. 直線ツールを選択し、45度で斜線を2本作成します。このとき、2つの斜線が中心で交わるようにしておきます。

斜線の作成

6. 画面の右上にあるタイルを出るをクリックすると元の画面に戻ります。

これでタイルの作成は完了です。つぎに断面ビューポート内の部材に適用してみます。

コメントを残す