Architect解説講座:第14回「ストーリ(2015以降)」

Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/BIMlog/architect%e8%a7%a3%e8%aa%ac%e8%ac%9b%e5%ba%a7/%e7%ac%ac14%e5%9b%9e%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%ef%bc%882015%e4%bb%a5%e9%99%8d%ef%bc%89%e3%80%8d/
Pinterest
RSS

14-1. レベルタイプ

レベルタイプとは、各階に作成する高さの基準を意味します。例えば「スラブ仕上げ」や「天井仕上げ」など様々な基準を作成することができます。まずはレベルタイプの種類や追加の仕方をご紹介します。

1. ファイル新規を選択します。用紙の作成ダイアログが表示されます。

用紙の作成

2. テンプレートを使用を選び、プルダウンから「BIM RC (mm)」を選択して OK をクリックします。テンプレートファイルが開きます。

開かれたテンプレートファイル

3. ツールオーガナイザを選択します。オーガナイザダイアログが表示されます。

オーガナイザダイアログ

4. デザインレイヤタブのレベルタイプをクリックします。レベルタイプダイアログが表示されます。

レベルタイプ一覧

5. いま開いているファイルに作成されているレベルタイプの一覧が表示されます。

6. 新規をクリックします。新規レベルタイプダイアログが表示されます。

新規レベルタイプ

7. 「腰壁天端」と入力し、OK をクリックします。

追加されたレベルタイプ

8. レベルタイプダイアログの OK をクリックします。

オーガナイザダイアログは開いたまま、次のステップに移ります。
なお、1つの階に同じ名前のレベルタイプを複数作成することはできません。同じような種類のレベルタイプを複数作成したい場合は、「天井-2400」「天井-2600」などのように、名前の前後にわかりやすい数字や記号を入れてください。

コメントを残す