よくある質問

このBlogについて

このサイトのアカウントって何ですか?

アカウント作成(ユーザ登録)をすると、投稿へのコメントやフォーラムのトピック作成などができるようになります。
Vectorworksのユーザ登録をされている方でなくても、このブログのアカウントを作ることができます。

ページの閲覧やツールのダウンロードにアカウント作成は必要ありません。

今後、登録ユーザ向けにニュースを配信することも検討しています。

木造BIMツールって何ですか?

Vectorworks Architect、Vectorworks Designerの機能強化プラグインです。

在来木造軸組のBIMモデル作成を支援するツールやコマンドが収録されています。Vectorworks Architect、Vectorworks Designerのユーザは無料でご利用いただけます。
お持ちでない方は、Vectorworks評価版でお試しいただくことも可能です。

なお、木造BIMツールは最新版ユーザ向けのサービスです。
以前のバージョンをご利用の方は、バージョンアップが必要です。

カスタマーサービスデスク

 

BIMについて

BIMとは何ですか?

BIMは「Building Information Model」および「Building Information Modeling」の略で、建築3Dモデルの構築と関連する情報の埋め込み、そして作成した3Dモデルを通じたコラボレーションのことです。

FundamentalsでBIMが可能ですか?

BIMの捉え方にもよりますが、Fundamentalsでも、柱状体などの汎用3Dオブジェクトを作成し、レコードフォーマットを付け加えることで、モデルと情報を扱うことができます。

Vectorworks Architectであれば、建築専用ツールが搭載されているため、必要な情報と形状を同時に扱うことができます。

また、Architectには建築専用コマンドも多いため、階の設定や床組の作成などを活用することで、建築モデリングを省力化することができます。

 

Vectorworksについて

古いバージョンからでもバージョンアップできますか?

バージョン2014以降をご利用であれば、バージョンしていただけます。
ただし、ご所有製品のユーザ登録が必要となります。

バージョンアップに関しては、弊社カスタマーサービスデスクにお問い合わせください。

  • エーアンドエー・カスタマーサービスデスク
  • メール:customer@aanda.co.jp
  • 電話:03-3518-0123
Vectorworksの各種グレードの違いは何ですか?

Vectorworksには4つのグレードがあります。

  • Fundamentals:ベーシックなパッケージで、2D/3Dともに作成できます。
  • Architect:建築設計用のツール/コマンドが追加されています。
  • Spotlight:舞台照明用のツール/コマンドが追加されています。
  • Landmark:造園/ランドスケープ用のツール/コマンドが追加されています。
  • Designer:すべてのツール/コマンドを搭載したオールインワンパッケージです。
Vectorworksサービスセレクトとは何ですか?

年間契約型サービスです。契約期間中、専用ポータルサイトでの情報配信や追加ライブラリの提供、最新版の無償提供などが含まれます。主なサービスは以下の通りです。

  1. Vectorworks Cloud Service
  2. 専用ポータルサイトへのアクセス
  3. ソフトウェアアップデート
  4. プレミアムTechサポート
  5. トレーニングセミナー
  6. バージョンアップ前の製品使用許諾
  7. 役立つ様々なサービス